告知です ドキュメンタリー映画を考える@神戸

7/16に神戸映画資料館にて「ドキュメンタリー映画を考える」と題して講演をします。関西にお住まいの方はぜひお越し下さい。 詳しくは http://kobe-eiga.net/event/2011/07/#a001388《参加費》 1000円 *ご予約受付中 info@kobe-eiga.net 宛に、お名前、連絡…

告知です 反権力のポジション―キャメラマン 大津幸四郎

大津幸四郎特集最終日6/16(木)のトークショーの司会をします。出席者は大津さん、「フェンス」の藤原敏史、私。岩波映画を経て、小川、土本、佐藤作品の撮影を担当された日本ドキュメンタリー界の生き証人、大津さんのお話が聞ける貴重な機会です。 http:/…

告知です 適切な距離

私が毎年優れた新人映画作家に勝手に授与しているコントレ賞の第三回受賞者である大江崇允の待望の最新作「適切な距離」が映芸シネマテークで上映されます。トークショーには私も登壇する予定。皆さんぜひご参加下さい。なおこれまでのコントレ賞歴代受賞者…

告知です 旅の映画史

「千石カフェシネマクラブFINAL」 5月14日(土) 19:00~23:00頃 ¥2,000(1ドリンク、カレー付) 《旅の映画史》 講師 葛生賢 詳しくは http://amba.to/kLvjUS

告知です カフェの映画史

「千石カフェシネマクラブvol.3」 5月1日(日) 19:00~23:00頃 ¥2,000(1ドリンク、カレー付) 《カフェの映画史》 講師 葛生賢 詳しくは http://amba.to/g1eKGf

告知です ドキュメンタリー映画を考える 追加講演

千石カフェシネマクラブvol.1は参加者多数の為、同じ内容でvol.2を開催します。 詳しくは http://s.ameblo.jp/sengok-cafe/entry-10840339926.html 参加者募集中!

告知です ドキュメンタリー映画を考える

「千石カフェシネマクラブvol.1」 4月2日(土) 19:00~23:00頃 ¥2,000(1ドリンク、カレー付) 《ドキュメンタリー映画を考える》 講師 葛生賢 詳しくは http://amba.to/gCUBVm

筒井武文のワンダーランドへ

(以下の文章は2007/1/27にneoneo坐で開催された特集上映「筒井武文のワンダーランドへ」のチラシ用に書いた文章の再録である。アテネ・フランセ文化センターでの特集上映を記念してここに公開する。) 《筒井武文のワンダーランドへ》 全ての映画は撮られて…

2010年日本映画ベストテン

「映画芸術」や「キネマ旬報」に掲載の2010年日本映画ベストテンの退廃ぶりに憤り、十本を選んだ。ワースト作品はいくらでもあげられるが、いろいろと人間関係が厄介なのでやめておく。各自、拙ブログの過去の記事に当たられたし。なお十本の中では『アウト…

告知です アモス・ギタイ・シンポジウム

2/5(土)18時半からアテネ・フランセ文化センターで行われる、アモス・ギタイ監督特集のシンポジウムで司会をすることになりました。パネリストは藤原敏史、舩橋淳。ぜひお越し下さい。入場自由。なおギタイは来ません。http://bit.ly/fV6GK3

Happy New Year !

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 それでは早速2010年のベストテンを。スクリーンで見たものに限定。 まずは新作映画ベスト。先達に敬意を表し、生年順。 『ブロンド少女は過激に美しく』(マノエル・ド・オリヴェイラ) 『ゴ…

よいお年を!

大晦日なので一年を振り返ってみる。前半はかなり暇だったのだが、後半は鬼のように忙しかった。映画作家としての活動としては、京都みなみ会館でのRSC最後の企画「京都インディペンデント映画の軌跡」にて『吉野葛』を上映、および「シネ・ドライヴ2010」で…

a)『ゴダール・ソシアリスム』(ジャン=リュック・ゴダール)◎ ゴダールの後、千石に移動し、同僚たちと映画忘年会。『紳士は金髪がお好き』(ホークス)をdvdで参考上映してから、「豪華客船の映画史」と題し、桝井孝則くんを交えて二時間トーク。

a)『キック・アス』(マシュー・ボーン)○

告知です ゴダール・ソシアリスム

12/18から公開の「ゴダール・ソシアリスム」のパンフにコメントを寄稿しましたので、ご鑑賞のついでにぜひお買い求め下さい。堀潤之さんによる採録がついて非常に資料的価値が高いものになっています。 ゴダール・ソシアリスム http://www.bowjapan.com/soci…

a)『ヨーロッパ2005年、10月27日』『ジャン・ブリカールの道程』(ストローブ=ユイレ)◎ b)『ジョアシャン・ガッティ』『アルテミスの膝』(ジャン=マリー・ストローブ)◎ c)『魔女ー女だけで』『コルネイユ=ブレヒト』『おお至高の光』(ジャン=マリー…

a)『渇仰の舞姫』(D・W・グリフィス)◎ b)『キートンの警官騒動』『キートンの鍛冶屋』『キートンの空中結婚』(バスター・キートンほか)◎

a)『ヨーロッパ2005年、10月27日』『ジャン・ブリカールの道程』(ストローブ=ユイレ)◎ b)『ジョアシャン・ガッティ』『アルテミスの膝』(ジャン=マリー・ストローブ)◎ c)『魔女ー女だけで』『コルネイユ=ブレヒト』『おお至高の光』(ジャン=マリー…

a)『あの彼らの出会い』(ストローブ=ユイレ)◎ クリス・フジワラの講演つき。

a)『魔女ー女だけで』『コルネイユ=ブレヒト』『おお至高の光』(ジャン=マリー・ストローブ)◎ サイファー@代々木公園。谷川俊太郎降臨。

ドガ展@横浜美術館。彫刻がよかった。

黙示録―デューラー/ルドン@東京藝術大学大学美術館。

サイファー模試@代々木公園。

a)『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(瀬田なつき)× 敬愛する映画作家の商業デビュー作にこの評価を付けるのは断腸の思いなのだが、その敬愛ゆえに心を鬼にする。この空振り具合は長嶋茂雄の伝説のデビュー戦を思わせなくもない。次回作に期待(決して…

告知です この武器=イメージでぼくは何をするのか?

11/27に法政大学で映画批評家の赤坂大輔さんとジョアン・セーザル・モンテイロについて対談します。参考上映あり。予約制。 詳しくはこちらを http://d.hatena.ne.jp/dvu/20101113

TOKYO FILMeX 2010 その3

a)『ハンター』(ラフィ・ピッツ)△

TOKYO FILMeX 2010 その2

a)『The Depths』(濱口竜介)○

TOKYO FILMeX 2010 その1

a)『海上伝奇』(ジャ・ジャンクー)× b)『溝』(ワン・ビン)× c)『ゲゲゲの女房』(鈴木卓爾)◎

アンヌ・ヴィアゼムスキー特別講義@B学校。

a)『セザンヌ』(ストローブ=ユイレ)◎ b)『黒い罪』(ストローブ=ユイレ)◎ 黒沢清・中原昌也対談@ジュンク堂池袋。グダグダなトークだったw