a)『牝犬』(ジャン・ルノワール)★★★★
b)『女優ナナ』(ジャン・ルノワール)★★★★
c)『恐竜と赤ん坊』(アンドレ・S・ラバルト)★★★★