a)『みつかるまで』(常本琢招)△
b)『寝耳に水』(井川耕一郎)◯
朝まで呑み。請求金額のあまりの高さに一同絶句し、一気に酔いがさめる。