a)『われ幻の魚を見たり』(伊藤大輔)◎