a)『鬼火』(千葉泰樹)△
b)『生きている小平次』(青柳信雄)△
『鬼火』は玄関先で加東大介津島恵子を口説くところだけ良かった。