読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a)『エッセネ派』(フレデリック・ワイズマン)◎
b)『リミッツ・オブ・コントロール』(ジム・ジャームッシュ)○
c)「Avant-Garde: Experimental Cinema of the 1920s and 30s」より
『理性に帰る』『エマク・バキア』『ひとで』『サイコロ城の秘密』(マン・レイ
『ハリウッド・エキストラ9413の生と死』(スラヴコ・ヴォルカピッチ/ロバート・フローリー)
『メニルモンタン』『秋の霧』(ディミトリ・キルサノフ)
『ソドムの運命』(ジェームズ・シブリー・ワトソン/メルヴィル・ウェバー)
『リズム21』『午後の幽霊』(ハンス・リヒター)
『アネミック・シネマ』(マルセル・デュシャン
『バレエ・メカニック』(フェルナン・レジェ)
『対角線交響曲』(ヴィキング・エッゲリング)
『吸血鬼』(ジャン・パンルヴェ
『ハーツ・オブ・エイジ』(オーソン・ウェルズ/ウイリアム・ヴァンス)