a)『ある道化師の24時間』(ジャン=ピエール・メルヴィル)◎
b)『マンハッタンの二人の男』(ジャン=ピエール・メルヴィル)◎
日仏からアテネに移動しブレッソン・シンポを聞き、その後呑み。