a)『暗黒街の弾痕』(フリッツ・ラング)◎
b)『マン・ハント』(フリッツ・ラング)◎