読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西訪問記 Part2 その1

4時半品川発の始発で都合五回ほど乗り換えて大阪に15時前に着く(静岡なげーよ)。それから歩いて中崎町のプラネットまで。三階の事務所に上がると、唐津くん、桝井くん、宮川さんが待っていた。前夜、急遽、キリミヤラジオに出てくれとメールが来て、宮川さんと一緒に二週間後に始まるシネドライヴについて実行委員の二人の話を聞くことになったのだ。実に息のあった感じの実行委員の話はこちら。
http://www.voiceblog.jp/miyagawa/
収録後、彼らは二日後に迫ったアジアン・ミーティングで上映される作品の書き出し作業にてんてこ舞いしていた。泊り込みで仕事してるのだとか。大変そう。で、私はしばらくそこでダラダラしたり、飯食いに行ったりしてから、唐津くんと一緒に京都まで移動。京都みなみ会館で上映プロデュース提携をされていたRCSさんが今月で撤退してしまうので、そのサヨナラ企画として京都に縁のあるインディペンデント映画を集めた特集上映「京都インディペンデント映画の軌跡」があり、私の『吉野葛』も東京からのゲストとして上映してもらうことになったのだ。唐津くんの『赤い束縛』の上映後、今回の企画の言出しっぺの木村文洋くん、唐津くん、私の三人で舞台挨拶。司会のRCS梶山さんのざっくりした質問にざっくりと答える。唐津くんはまだ作業が残っているので大阪にトンボ返り。こんな大きなスクリーンで上映されるのも当分ないと思い、私は思い出作りに自作を鑑賞。いい感じにホール内に音が反響してくれた。来月から上映されるジャック・ロジエ特集の宣伝のためにアウラの池田さんがたまたまみなみ会館に来ていたので、上映後、皆で佐藤訪米さんが祇園でやっているみみおに飲みに行く。ここのラーメンはホントに美味い。結局、朝までコースになり、私は始発で大阪に戻る。

京都インディペンデント映画の軌跡
http://www.rcsmovie.co.jp/minami/2010/kid/ind.html