読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy New Year !

f:id:hj3s-kzu:20160101022909p:plain

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

それでは早速2015年のベストテンを。新作、旧作ともにスクリーンで見たものに限定。

 

その前に特別賞を。

 

『アンジェリカの微笑み』(マノエル・ド・オリヴェイラ

 

オリヴェイラの新作がもう見られないと思うと本当に悲しい。彼の80年以上にわたる映画人生のうち、日本の私たちが同時代的に彼の作品に親しむことができたのは、たかだか最後の25年ほどに過ぎないが、その間、常にそれらは驚異であり続けた。彼の遺した作品のうち、まだ日本で公開されていないものは山ほどあるので、その公開に期待したい。

 

さて新作映画ベスト。先達に敬意を表し、生年順。

 

『ジャクソン・ハイツ』(フレデリック・ワイズマン

『アメリカン・スナイパー』(クリント・イーストウッド

『私の血に流れる血』(マルコ・ベロッキオ

『ラブバトル』(ジャック・ドワイヨン

マッドマックス 怒りのデス・ロード』(ジョージ・ミラー)

『黒衣の刺客』(侯孝賢

『ホース・マネー』(ペドロ・コスタ

『今は正しくあの時は間違い』(ホン・サンス

アラビアン・ナイト』(ミゲル・ゴメス)

『ティップ・トップ』(セルジュ・ボゾン)

 

さらにベスト短編。

『水槽と国民』(ジャン=マリー・ストローブ

 

次に旧作映画ベスト。製作年度順。

 

『青春双曲線』(韓瀅模、1956

『港まつりに来た男』(マキノ雅弘1961

『ヨーヨー』(ピエール・エテックス1965

『阿片台地 地獄部隊突撃せよ』(加藤泰1966

『やさしい女』(ロベール・ブレッソン1969

ベートーヴェン通りの死んだ鳩〈ディレクターズカット版〉』(サミュエル・フラー1972

『チリの闘い武器なき民の闘争』(パトリシオ・グスマン、1975-78

『水晶の揺籠』(フィリップ・ガレル1976

『訪問、あるいは記憶、そして告白』(マノエル・ド・オリヴェイラ1982

『美しい都市』(アスガー・ファルハディ、2004

 

なおNFCの「未知のウェルズ」には今年最大の映画的刺激を受けた。私たちはまだオーソン・ウェルズについて何も知らない。

 

コントレ賞こと新人監督賞は『The Summer of Sangaile』のアランテ・カヴァイテ(Alanté Kavaïté)に決定!