読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy New Year !

f:id:hj3s-kzu:20140102033033j:plain

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

それでは早速2013年のベストテンを。新作、旧作ともにスクリーンで見たものに限定。

まずは新作映画ベスト。先達に敬意を表し、生年順。

『パッション』(ブライアン・デ・パルマ

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(ジム・ジャームッシュ

『グランド・マスター』(ウォン・カーウァイ

『3人のアンヌ』(ホン・サンス

『ホーリー・モーターズ』(レオス・カラックス)

ジャンゴ 繋がれざる者』(クエンティン・タランティーノ

共喰い』(青山真治

ウルヴァリン: SAMURAI』(ジェームズ・マンゴールド

ムーンライズ・キングダム』(ウェス・アンダーソン

『熱波』(ミゲル・ゴメス)

次に旧作映画ベスト。製作年度順。

『毒流』(ロイス・ウェバー、1916)

『二人のブルディ』(レフ・クレショフ、1929)

『不思議なヴィクトル氏』(ジャン・グレミヨン、1938)

『檜舞台』(豊田四郎、1946)

『大佛さまと子供たち』(清水宏、1952)

ベルトルッチの分身』(ベルナルド・ベルトルッチ、1968)

『侵入』(ウーゴ・サンチャゴ、1969)

『あやつり糸の世界』(ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー、1973)

『キョート・マイ・マザーズ・プレイス』(大島渚、1991)

『YOUNG YAKUZA』(ジャン=ピエール・リモザン、2007)

そしてコントレ賞こと新人監督賞は『愛を語るときに、語らないこと』(モーリー・スルヤ)に決定!