アルベール・セラの演出のもとに職業俳優及び非職業俳優によって演じられたマルキ・ド・サドの思想と文学

リベルテ』(アルベール・セラ)

これまで何人もの映画作家がサド侯爵の文学(パゾリーニ、神代)あるいはその生涯(カウフマン、ジャコー)の映像化に挑戦し、その都度、玉砕してきた歴史を見る限り、映画にとってサドは鬼門に思える。原作者としてクレジットはないものの、サドから着想を得たことが明らかな本作において、ではセラはこれらをどう料理したのか。そもそも先人たちが失敗したのは、サドが描いた倒錯行為のみをスペクタルとして提示しようとしたところに由来する。サドを一編でも読んでみればわかるが、そこでは倒錯行為の前後に長々とした「哲学的な考察」(能書きともいう)があり、そうした考察と行為の描写がペアで延々と退屈に反復される(その点、まず抄訳でサドを日本に紹介した澁澤龍彦は賢明だったかも)。ところがサドの想像力によって創造された倒錯行為の数々は、文字として記された構想の無限に広がる壮大さに反して、それを現実世界で再現しようとするならば、忠実に実行することはほぼ不可能で、仮に実現できたとしても実に骨の折れる労働を必要とし、その割にはしょぼいものにしかならないのだ。なぜなら人間の身体は有限だから。映画史におけるセラの先人たちが理解していなかったのも、まさにこの点である。フーコーの『監獄の誕生』の最初の数ページでは、ルイ十五世暗殺未遂犯ダミアンの処刑(四つ裂きの刑)の実行がいかに困難なものだったかが描かれているが、本作の冒頭で登場人物の口からほぼそのままの形で引用されるこのエピソードが意味するところも、やはり構想とその実現とのギャップである。想像力はその実行にあたって、物質という現実の壁に常に突き当たる(そしてこれはまさに映画製作という行為自体にも当てはまる)。それを端的に表しているのが、全裸にされ、手を縛られて樹に吊るされた女が、金盥いっぱいに貯められたミルクのような精液を大量に頭からぶっかけられた後「もっと!」と叫ぶ場面だ。まさかそういう反応がくると思わなかった男たちの困惑した顔には失笑を禁じ得ない。「この金盥をいっぱいにするのに一体おれたちがどれだけ苦労したと思っているのだ!」とその表情は言いたげだ(セラの処女作でサンチョ・パンサを演じた太っちょ君が、ここでもリベルタンの貴族の従者を演じて、いい味出している)。あるいは女の尻を鞭打つも、逆に「そんな柔な腕じゃなくて、もっと強く!」(正確な台詞は忘れた)と言われ、へろへろになる男。自らのファンタジーの中で男たちは独り善がりな全能感で女たちを支配しているつもりでいるが、その実行にあたっては「犠牲者」の役であったはずの女たちの際限なく更新されていく欲望(「もっと!」)に支配されてしまうというこの逆説(ここに男女のオーガズムの差異をめぐる通説を重ね合わせることもできよう)。こうした男たちの惨めさ、卑小さ、恥ずかしさは、この鞭打ち場面のすぐ後に続く、老いた貴族が貧弱な尻を突き出して自ら鞭打たれる場面によって強調されている。つまり今作において、セラはサド作品をフェミニズム的に脱構築しているとも言えるかも知れない。そしてある女がリベルタンの一人に跨って、陰部を惜しげもなく曝け出して放尿するショット(斜め前からのアングルのやや引いた構図で、ここまではっきり実際の液体が噴出するショットを、ハードコアポルノではない一般映画で、ボカシなしで見たのは個人的には初めてかも)は女たちの勝利を高らかに宣言しているように見える。なおこの映画は、夕暮れから夜明けまでの夜の闇の中で展開するが、薄暗がりの中、いく人かの男と女、行為者と観察者(要するに出歯亀)が順列組み合わせ的に役割を交代しながら、森の中をうごめく様を(そして多くの場合、男たちは自らの股間を弄りつつ・笑)、実に見事な撮影と照明で捉えており、そのこともまた、明らかな光の下に繰り広げられるスペクタルとして倒錯行為を提示しがちだった先人たちの轍を踏むことから、本作を遠ざけることに貢献している。

Happy New Year !

 

f:id:hj3s-kzu:20200102032056j:plain


あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

早速2019年のベストテンを。去年のようにネット配信で見たものも含めることにしようかと初めは思ったが、劇場で見たものだけでも結構な候補作が挙がってきたので、今年は再びスクリーンで見たものに限定。

なおFilmStruck終了の後を受けて開始されたCriterion Channelだが、見たいものは大体DVDで既に持っているものが多く、今のところあまりメリットを感じていない(笑)。もっともHD画質である点と本棚から探し出す手間が省ける点はよい。ここで年末に見たアイダ・ルピノ監督作品特集は素晴らしかった。

 

今年も多くの映画人がこの世を去ったが、中でも今まで日本できちんと紹介されなかったジャン=ピエール・モッキーの追悼特集が組まれることを強く望む。ちなみに十数年前とある打上げの席で真正面にジャン・ドゥーシェがいて、筒井さんに弟子入りしろとけしかけられたことがある(笑)。

 

 さて新作映画ベスト。先達に敬意を表し、生年順。

 

『運び屋』(クリント・イーストウッド

『多十郎殉愛記』(中島貞夫

『ダンボ』(ティム・バートン

『ヴィタリナ』(ペドロ・コスタ

『未来を乗り換えた男』(クリスティアン・ペッツォルト

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(クエンティン・タランティーノ

『アド・アストラ』(ジェームズ・グレイ

『誰もがそれを知っている』(アスガー・ファルハディ)

『7月の物語』(ギヨーム・ブラック)

『さらば愛しきアウトロー』(デヴィッド・ロウリー)

次点『嵐電』(鈴木卓爾)、『8月のエバ』(ホナス・トルエバ)、『熱帯雨』(アンソニー・チェン)

 

 

 次に旧作映画ベスト。製作年度順。

 

『ウィリーが凱旋するとき』(ジョン・フォード、1950)

『ショウマン』(アルバート&デヴィッド・メイズルス、1963)

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』(セルジオ・レオーネ、1968)

『ラストムービー』(デニス・ホッパー、1971)

ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖』(ジョージ・A・ロメロ、1972)

『ありふれた出来事』(ソフラブ・シャヒド・サレス、1973)

『大輪廻』(キン・フー/リー・シン/パイ・ジンルイ、1983)

『救いの接吻』(フィリップ・ガレル、1989)

『フラワーズ・オブ・シャンハイ』(ホウ・シャオシェン、1998)

『こおろぎ』(青山真治、2006)

 

ベスト短編は『マーロン・ブランドに会う』(アルバート&デヴィッド・メイズルス、1966)

 

コントレ賞こと新人監督賞は、『Vif-argent』のステファン・バチュ(Stéphane Batut)。

 

なおネット配信で見たものでは、新作は『I Do Not Care If We Go Down in History as Barbarians』(ラドゥ・ジュード)、旧作は『Anima nera』(ロベルト・ロッセリーニ)、『The Burglar』(ポール・ウェンドコス)、『Our Betters』(ジョージ・キューカー)、『The Trouble with Angels(青春がいっぱい)』(アイダ・ルピノ)、『Gambling Lady』(アーチー・メイヨ)が素晴らしかった。

よいお年を!

晦日なので一年を振り返る。と言っても特筆すべきことは何もなく、変化といえば、去年よりは仕事が楽になり時間の余裕ができたので、映画を見る本数が増えたことくらいか。子供もすくすく成長し、こちらもほぼ毎日、iPhoneで親バカ動画ばかり撮っている(流石にネットにアップしたりはしないが・笑)。ただ暇さえあればキッズ向けのYouTubeばかり見ているので、彼の将来がやや心配。映画関係でいつもの仕事の他にやったことと言えば、若い頃に影響を受けた作品群をプロデュースされた方の初監督作の英語字幕監修をやったこと(というか只今まさに手直し中)と恩師のライフワークのごく細部のお手伝いができたことくらいか。来月はついに五十の大台に乗ってしまうので、十年以内には何か形になることができたらいいな。

現代映画論

概要は例年通りです。

http://hj3s-kzu.hatenablog.com/entry/20120926

教室は2E-101です。

授業スケジュールを若干変えたので以下に挙げておきます。
1. ガイダンス/アンドレ・バザンと作家政策
2. ヌーヴェル・ヴァーグ
3. ネオレアリズモ以後のイタリア映画
4. ソ連・東欧映画の新潮流
5. 政治的モダニズム第三世界の映画
6. ダイレクト・シネマ/シネマ・ヴェリテ
7. ニュー・ジャーマン・シネマ
8. ポスト・ヌーヴェル・ヴァーグ
9. アメリカン・インディーズとニュー・ハリウッド
10. 台湾ニューウェイヴと中国第五世代
11. イラン・ニューシネマ
12. ソ連崩壊後のロシア映画
13. ポルトガル映画の新潮流
14. スペイン映画の新潮流

Happy New Year !

f:id:hj3s-kzu:20190101033311j:image

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
それでは早速2018年のベストテンを。例年だと新作、旧作ともにスクリーンで見たものに限定していたのだが、今年からルールを変更してネット配信で見たものも含めることに。理由はオーソン・ウェルズの「新作」が今のところNetflixでの配信のみであることと、近年の海外の配信サイトの充実ぶり(MUBIだけでなく、残念ながら終了してしまったFilmStruckなど)には目を見張るものがあり、高い入場料を払って「名画座」で「デジタル上映」の旧作で見るくらいなら、これらの配信サイトの作品を自宅のスクリーンで見た方が質量ともに遥かに満足のゆく鑑賞体験が得られるので。選ぶ前は特に旧作ベストをネット配信で見たものが大半を占めることが予想されたが、スクリーンで見たものから先に選んでいった結果、意外にもそれだけで十分な数の作品がリストアップできたので、今回は入っていない。ただこうした趨勢はもはや押しとどめることはできないだろう。なおFilmStruck終了の後を受けて、今春に開始されるというCriterion Channelに個人的には期待している。
今年も何人もの映画人がこの世を去ったが、1960年代以降のイタリア映画の刷新を担ったエルマンノ・オルミベルナルド・ベルトルッチの二人の死には衝撃を受けた。

 さて新作映画ベスト。先達に敬意を表し、生年順。
風の向こうへ』(オーソン・ウェルズ
15時17分、パリ行き』(クリント・イーストウッド
『イメージの本』(ジャン=リュック・ゴダール
『良き隣人の変節』(ペーター・ネストラー
レディ・プレイヤー1』(スティーヴン・スピルバーグ
つかのまの愛人』(フィリップ・ガレル
『川沿いのホテル』(ホン・サンス
『ロスト・シティZ/失われた黄金都市』(ジェームズ・ グレイ)
犬ヶ島』(ウェス・アンダーソン
『ア・ゴースト・ストーリー』(デヴィッド・ロウリー)
(次点)
ゾンからのメッセージ』(鈴木卓爾
蝶の眠り』(チョン・ジェウン


 さらにベスト短編。
『湖の人びと』(ジャン=マリー・ストローブ
『いかにしてフェルナンドはポルトガルを救ったか』(ウジェーヌ・グリーン

 次に旧作映画ベスト。製作年度順。
忠臣蔵』(牧野省三、1910-1917)
『囁きの合唱』(セシル・B・デミル、1918)
『母というだけ』(アルフ・シェーベルイ、1949)
『牢獄』(イングマール・ベルイマン、1949)
『ビッグ・リーガー』(ロバート・アルドリッチ、1953)
『怪盗ルパン』(ジャック・ベッケル、1957)
ギリシャについて』(ペーター・ネストラー 、1966)
『現像液』(フィリップ・ガレル、1968)
『紅い太陽』(ルドルフ・トーメ、1970)
『期待』(アミール・ナデリ、1974)


コントレ賞こと新人監督賞は、今回は該当者なしも考えたが、年末に見た『アリー/スター誕生』が意外にも悪くなかったので、ブラッドリー・クーパーとする。

(追記)アラン・ロブ=グリエの特集上映は、数年前に英盤DVDボックスが出た時に全て見たので、行かなかった。

よいお年を!

晦日なので一年を振り返る。今年は前半に突如、一時的な失語状態(意識ははっきりしているのに声が出ない)に陥り、数年前の交通事故のこともあり、検査のため緊急入院したが、結局、どこも異常はなく、原因不明のまま、翌日退院させられた(笑)というのが一番大きな出来事。おそらく過労のためと思われ、そのため日の出とともに寝るというそれまでの夜型生活を改め、朝型生活を数週間続けたが、結局、元の生活に戻った。映画批評家としては、渋谷で岡田さんと堀くんを偲び、広島でガレルの初期作について語るというトークの仕事を二本こなした。子育てと仕事で劇場に映画を見に行く時間は確実に削られたが、その分、ネット配信の恩恵を受けた。特にFilmStruckにはかなりお世話になったので、終了してしまったことが返す返すも残念だ。来年はもう少し読書や執筆のための時間を確保したい。